お知らせ | 辻広組 - Part 2
辻広組

お知らせ

辻広組 > お知らせ

6月16日、本社社屋で消防設備士避難訓練を行いました。
2F給湯室からの出荷を想定し、
通報・初期消火・各階の人員の避難を確認し、
避難完了後は、消火器を使った消火訓練も実施。
一連の行動をチェックされた消防署の職員さんからも、
本当の有事の際も、今回の訓練のように、
落ち着いた行動をしてほしいとお言葉を頂きました。

6月13日、福井県立羽水高校で行われた出前講座、
「輝く女性の未来予想図事業 ~未来アトリエin羽水~」に
当社副社長が参加しました。

この事業は福井市が実施するもので、
福井でいきいきと働く若者が、
「就職」や「働き方」などをテーマとした意見交換を行い、
身近な先輩としての意見を、同校2年生約350人に伝えるものです。

当社副社長のほか、福井で活躍される女性2名が、
司会の方や、オブザーバーの福井県立大学教授のサポートを受けながら、
自身の進路や、Uターンのきっかけ、仕事への思いなどを語りました。

これから進学、就職など、人生の大きな転機を迎える若者に、
少しでも参考になれば幸いです。

また、当日は、福井テレビ、福井新聞、建設工業新聞の記者さんも、
取材に来てくれました。

6月13日の建設工業新聞福井版に
当社の記事が掲載されました。
副社長の辻広が、建設業の魅力についてインタビューを受けました。
今年2月の大雪による除雪作業や、
現在行っている保育園での重機試乗体験会などを振り返りながら、
建設業の意義や役割について語っています。

6月7日、福井市石新保町の棗こども園で重機試乗体験会を行いました。
重機を乗せたトレーラーが窓から見えるだけで、
園児さんは大はしゃぎ。
副社長による、仕事やアスファルトなどの説明や質問にも
元気いっぱい答えてくれました。
年長組は、乗り降りの際、「自分でやる!」と果敢に挑戦する子も多く、
微笑ましく感じています。

6月5日、福井市江端町の晴明保育園で重機試乗体験会を行いました。
今回も園児の皆さんは元気いっぱいで、
とても眩しく思いました。
重機が好きな子も何にもいるようで、
園長先生からは
「会社までそんなに遠くないので、お散歩でまた見学に行けたら」
などと要望も頂きました。

6月4日の重機試乗会は、
敦賀市相生町の晴明保育園での開催となりました。
この企画で初めての嶺南での実施です。
今回は、当社協力会「信広会」のシラサワ建機㈱様に、
重機を提供して頂きました。
また、敦賀営業所の仲間がお手伝いに来てくれました。
暑い気候となりましたが、園児さんは、
元気いっぱいに試乗を楽しんでくれました。

6月1日、福井市山室町の河合保育園で重機試乗体験会を開催しました。
園児の皆さんは、私たちの会社や工事の説明、紙芝居を、
真剣に聞いてくれるのはもちろん、
試乗でも順番をしっかり守るなど、お行儀よく取り組んで頂いています。
試乗後も、元気いっぱいの姿で笑顔を沢山見せてくれ、大変うれしく思います。

今日から6月、気温も湿度も上がるなか、
体調管理が難しい季節になります。
月初めの朝礼では、作業員表彰を行いました。
現場で率先して準備にあたる姿勢は、
他の社員の模範となり、見習いたいものです。

5月30日、福井市の女性活躍推進課のお2人が来社され、
6月13日に市内の羽水高校で行われる出前講座の打合せを行いました。
学生さんが疑問に思われている事などの説明を丁寧にして頂いたので、
それについて、参考となる意見が出せるように、準備を進めていきたいと思います。

福井市が、子育てと仕事を両立できる働きやすい環境づくりに、
積極的に取り組んでいる企業を支援する、
「子育てファミリー応援企業」に登録されました。

当社は
●子育てと仕事が両立できる職場環境の整備として、
 義務規定を超えた次世代支援対策推進法に基づく、
 一般事業主行動計画の策定。
●残業が発生しがちな現場へ子育て世代の技術者を、
 可能な限り担当させないよう配慮した社員の配置。
●地域の野球大会や納涼会へ協賛、活動のサポート。
●若者の就労支援として、毎年、福井工業高等専門学校・福井農林高等学校からの
インターンシップ生の受け入れ
などに積極的に取り組んでいます。

今回の登録では、以上のようなワーク・ライフ・バランスの推進や、
子育て支援などが評価されました。

5月29日、福井市藤島町の東藤島こども園で重機試乗体験会を行いました。
7園目の今回も重機の紙芝居を読ませて頂き、園児の皆さんは真剣に聞いてくれました。
近くの工事を担当している社員もお手伝いに来てくれました。
試乗の前に仕事内容の説明もするのですが、
こちらからの問いかけにも園児さんは元気いっぱい答えてくれます。
アスファルトのことや、重機の名前などについて、
大変物知りな子もいらっしゃって、毎回感心しています。
また、試乗後すぐに重機の絵を描いた子たちがおり、見せてもらいました。
とても上手に描けており、大変うれしく思いました。

5月25日、福井市文京の牧島保育園で重機試乗体験会を行いました。
今回は、重機を提供して頂いている㈱中島建機の中島拳社長も参加され、
デモンストレーションなどにお力を賜りました。
ありがとうございました。

毎回、園児の皆さんが元気いっぱいに試乗を楽しんでいただけることを
大変うれしく思います。

19.20日の2日間、福井市下六条の県産業会館で重機試乗を行いました。
福井トヨタ様と福井トヨペット様の「You&iワクドキフェスタ」内の
「おしごと体験マルシェ」でブースを出しました。
多くの親子連れが来場され、お子さんはミニタイヤショベルに試乗。
大きな車に興味津々といった様子で、楽しんでいただけました。

5月21日、福井市内の社保育園で、重機試乗体験会を行いました。
今回は保護者の方にも見守ってもらいながらの開催となりました。
園児の皆さんは元気いっぱいに試乗や、
重機のデモンストレーションを楽しんで頂きました。
以前、同保育園の駐車場を、
砂利で補修するボランティアをさせて頂きましたが、
それについても、園児さんからお礼の言葉を貰い、
大変光栄でした。

6月13日、福井県立羽水高校で行われる、
「輝く女性の未来予想図事業」出前講座(パネルディスカッション)に
当社副社長が参加します。

この講座は福井市が実施するもので、市内の高校等に出向き、
いきいきと福井で働く女性や女性を応援する男性による、
パネルディスカッションを行うことで、
身近な先輩として福井で働く魅力や、
自身の働く姿を学生に伝えるものです。

自身の経験などを生かし、学生さんのためになるような発表を、
鋭意準備中です。

5月17日、福井市内の湊保育園で、重機試乗体験会を行いました。
今回から紙芝居をリニューアルしたほか、アスファルトサンプルを用意し、
実際に触れてもらいながら、説明をしました。
天気が心配でしたが、何とか雨に降られる前に試乗体験が出来ました。
園児の皆さんは、運転席のほか、タイヤにも登ったり、
ヘルメットや安全ベストを試着してポーズを取ったりと、
思い思いに楽しんでくれました。

5月11日、弊社駐車場で社南小学校児童が写生大会を行いました。
協力会の山善運輸機工様が、大型クレーンを用いて上げた鯉のぼりなどをスケッチ。
弊社が設置した重機に興味を持ち、絵を描いてくれた子もいました。
多数の力作が揃ったようです。
福井新聞社、北陸工業新聞社も取材に来て頂き、記事が載りました。

5月10日、福井市内の麻生津保育園で、重機試乗体験会を行いました。
副社長が建設業の仕事の内容や、ヘルメット、安全ベストの役割などを説明すると、
園児の皆さんは自分から手を挙げて大きな声で意見を発表してくれました。

途中、通り雨に降られましたが、
皆さん行儀よく順番を守ってもらい、スムーズに試乗が出来ました。
ミニタイヤショベルの大きさや高さに驚く子もいれば、
社員の補助なしで、自分でステップを上る子もいました。

今回も皆さんに楽しんで頂けたようで、良かったです。

5月8日、福井市内の松本保育園で、重機試乗体験会を行いました。
ミニタイヤショベル二台を設置し、園児の皆さんに乗って頂きました。
興味津々で色々なところを触ったり、記念写真をとったりするなど、
皆さんに楽しんで頂きました。

5月2日の福井新聞、建設工業新聞福井版に
当社の記事が掲載されました。
先日行った重機試乗体験会(本郷保育園)について
取材して頂きました。
福井テレビ、FBCテレビでも放送されました。

今日から5月、新緑がまぶしい季節になりました。
月初めの朝礼では、作業員表彰を行いました。
日々の業務に真摯に向き合い、実直かつ誠実に、
職務に当たったことなどを称えました。

市内大年町の本郷保育園の園児さんを対象に
重機試乗体験会を開催しました。
株式会社中島建機様にも、
重機の提供で協力して頂きました。
園児の皆さんも、大きな建設重機に触れ、
ハンドルを回したり、バケットに入ったりするなど、
歓声を上げて、楽しんで頂けました。
この試乗会は、今後も随時開催を予定しております。

4月になりました。

先週から続く陽気で、福井の桜も綺麗に咲いています。

月初めの朝礼では、年度末の忙しさの中で、

丁寧な工事に尽力してくれた作業員を表彰しました。

 

また、退社する社員への花束贈呈も行いました。

そして、当社も新しく新卒の新入社員を迎えました。

これからよろしくお願いします。

先日収録したデキルラジオが

327日に放送されました。

当社副社長と、㈱中島建機の中島拳(たかし)社長、エス・イ・コンサル㈱の森國英治専務が

建設業について熱く語り合いました。

デキルラジオHP  2018年3月27日 オシゴト談話室⑤ 地図に残る仕事

 

左から森國専務、パーソナリティの藤田佳代さん、当社副社長、中島社長

 

 

 

 

 

3月7日(水曜日)の、建設工業新聞福井版に、当社の記事が掲載されました。

先日行った献血活動について、取材をして頂きました。

FBCテレビ、福井テレビでも取材して頂き、放送されました。

 

FM福井の「デキルラジオ」の収録に参加しました。当社副社長と、中島建機の中島拳(たかし)社長、

エス・イ・コンサルの森國英治専務の3人で、先日の除雪や、建設業の未来などを語り合いました。

放送は3月27日(火)、FM福井(76.1)で、17:00からです

 

 

 

 

昨年より放映している辻広組のCMについて3月1日より恐竜編が公開されています。

 

 

 

放映のビデオは、下記 Youtube から見れます。
※ ★ 株式会社 辻広組チャンネル ★ をご覧ください。

3月2日、日本赤十字社の協力のもと、献血活動を実施しました。

福井県赤十字血液センターから献血車と職員さんがお見えになり、

社内外から35人が参加しました。

先日の雪で、献血者が少なく、血液が不足する中、

当社としても安定供給に少しでもご協力できればとの思いと、

日頃からお世話になっている地域の皆様に恩返しをとの思いから、

今回の実施となりました。

 

タイヤローラーとマカダムローラーが1台ずつ納車されました。

最新の機械で、お客様に喜んでいただけるようないい仕事をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月になりました。

先月は37年ぶりの大雪に見舞われ、当社も100人体制で除雪を行いました。

今日行われた月初めの全員参加の朝礼では、除雪に尽力してくれた、若手担当者を2名表彰しました。